笠岡市立市民病院

  • お見舞いメール
  • お問い合わせ

看護部について

看護部長 岸野浩子
岡山県の南西部に位置し、六つの有人島を含む風光明媚な瀬戸内海に面した笠岡市で、地域医療を担う中核的な公立病院として、地域の皆様の生命と健康を守るべくその役割を果たしています。
これからの少子高齢化社会を、だれもが住み慣れた地域の中でいきいきと暮らしていくために、地域の皆様に当院を身近に感じ、利用していただくとともに、私たちが専門職として身につけた力や機能を最大限に発揮し、常に責任ある行動がとれるよう「明るく、正しく、元気に」をモットーに、職員にとっても長く勤められる病院をめざして今年も頑張ります。

看護部の理念・方針

<看護部理念>

確かな知識と技術に基づき、地域住民の期待と信頼に応えられる「あたたかい心の看護」を提供します

<看護部方針>

1.看護の専門性を追求し、安全で安心できる質の高い看護を提供します
2.他職種と協働し、チーム医療に貢献します
3.地域と連携し、継続性のある看護を提供します
4.看護職員ひとりひとりが、生き生きと明るく元気に働ける職場を目指します

組織概要

・継続受け持ち制固定チームナーシング
・副看護部長(師長と兼務)2名を病棟看護科長、外来看護科長としてそれぞれ配置
・療養病棟を含む3病棟、および手術室・中材、外来の5部署にそれぞれ師長、主任、スタッフおよび19名の看護助手、臨床工学技士を含む100名が看護部に所属(平成28年6月現在)
・教育・研究、リスク、業務・改善、記録、感染、ICLS委員会の6つの看護部委員会に加え、病院全体として糖尿、NST・褥瘡対策、感染等多くの委員会に所属

研修スケジュール(平成28年度) 

項目 月日 対象者 目的
管理職研修 4月 師長・主任 ・管理者としての役割を認識し、行動できる
新採用者
オリエンテーション
5月
(2日間)
新採用者
中途採用者
(昨年研修以降入職者)
・患者中心の看護を行うために当院における連携業務を知る
・医療チームの中で看護の役割を知る
・リスク感性を高め、安全な業務が遂行できる
リーダー研修 6月
9月
2月
リーダー ・リーダーとしての役割、業務を認識し行動できる
・チーム目標達成のためにスタッフとの対人関係能力を高める
サブリーダー研修 2回/年 サブリーダー ・各部署統一した教育計画に沿った新人指導ができる
・サブリーダーとしての役割・業務を認識し、行動できる
入職3年目研修
(事例検討)
7月
9月
11月
入職3年目 ・看護過程を展開して論文にまとめて発表できる
看護必要度研修 9月〜10月
複数回
看護部全員 ・看護必要度の内容を習得できる
ICLS研修 9月
BLS
1月
新人看護師
希望者
院内研修
・急変時の的確な対応ができる
全体研修会 3月 看護部全員 ・一年間行ってきた看護の成果をまとめ次年度のステップにする

組織概要

・ケアマネージャー
・看護教員養成講習会修了
・3学会合同呼吸療法認定士
・消化器内視鏡技師 看護師
・特定化学物質等作業主任
・訪問看護師養成講習会修了
・看護管理者研修(ファーストレベル)
・看護管理者研修(セカンドレベル)
・セントラルテクニシャン
・INURSおかやまインストラクター
・糖尿病療養指導士
・第2種滅菌技師
・がんリハビリテーション研修修了
・日本静脈経腸栄養学会所定実地修練修了
・看護必要度評価者 院内指導者研修修了
・新人看護職員実地指導者研修修了
・ストーマリハビリテーション講習会修了
・ICLSインストラクター
・公務研修協議会方式接遇研修指導者
笠岡市立市民病院
〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡 5628-1
電話:0865-63-2191 Fax:0865-63-5844

Copyright © Kasaokacity hospital All Rights Reserved.